毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

《嫌疑人X的献身》男性形象研究

时间:2020-03-24 21:04来源:日语论文
『容疑者Xの献身』の男性像研究,日语论文《嫌疑人X的献身》男性形象研究

要旨東野圭吾は、現代日本を代表する推理小説家である。現在まで、すでに刊行された七十四の作品のうち、二十を超える作品が映画化あるいはテレビドラマ化された。その代表作は『秘密』、『白夜行』、『容疑者Xの献身』などがある。本稿では、『容疑者Xの献身』における男性イメージを研究対象にし、東野圭吾及びその作品への認識を深くするために研究を進めようと考えている。46954

摘    要东野圭吾,日本当代推理小说家。迄今为止,他已经出版了七十四部作品,其中二十步被搬上荧屏,代表作有《秘密》、《白夜行》、《嫌疑人X的献身》等。本文将对《嫌疑人X的献身》这篇小说的男性形象进行研究,力图对东野圭吾及其作品有一个深入的认识。

キーワード:東野圭吾; 『容疑者x的献身』;男性像;作品の社会性

毕业论文关键词:东野圭吾; 《嫌疑人X的献身》; 男性形象; 作品的社会性

目  次

1.はじめに 1

1.1先行研究 1

1.2本稿の目的と方法 3

2. 東野圭吾及びその作品 3

2.1東野圭吾 3

2.2 東野圭吾の作品 4

2.3東野圭吾の作品スタイル 5

3. 『容疑者x的献身』の男性像 6

3.1湯川学 6

3.2石神哲哉 8

3.3ほかの男性イメージ 10

4.まとめと今後の研究課題 11

4.1まとめ 11

4.2今後の研究課題 11

参考文献 13

謝  辞 14

1.はじめに

1.1先行研究

2006年、東野圭吾は『容疑者Xの献身』をもって国内推理小説界の五つの名誉を受賞した。デビューしてから二十一年後のことで、無名だった東野氏は一気に、日本の推理小説界にその名を轟かせた。

2007年、日本の文芸春秋出版社の『たぶん最後の御挨拶』は、東野圭吾の生活と創作の経験、特に2006年前の彼の主な作品や十五回あった文学賞を受賞できなかった苦しい経験を紹介していた。

2009年、日本の宝島社が続いて研究的専門作品の『僕たちの好きな東野圭吾』を刊行した。そのなかでは、主に2006年から2009年の作品の内容を紹介し、映画化、ドラマ化された事情及びこれらの作品の社会への影響について言及していた。同じ年に、データハウス出版社が専門作品『東野圭吾の謎東野作品の研究・考察集成』を刊行した。全書は比較して東野の話題作や小説に出た人気キャラクターについて検討している。たとえば『白夜行』と『幻夜』の内容についての比較的研究、加賀恭一郎と探偵加藤との比較研究などである。

2010年、パブリケーションズ出版社は専門作品『もっと!東野圭吾•東野圭吾をもっと楽しむための7つの視点』を出版した。これは作家と作品を代表した7つのキーワードをまとめたものである。つまり、暴力、倫理、理科思惟、信仰、科学、映画、ドラマの7つの視点から、それぞれを創作の背景、小説のモチーフや伝播方式この3つの面から研究を行った。他のものと比べて、今回は単一の作品の個性的研究ではなく、東野作品全般をもって、全体的且つ普遍的に研究したのである。しかし、この4つの専門書の中に『容疑者Xの献身』についての研究はほとんど見られない。 《嫌疑人X的献身》男性形象研究:http://www.lwfree.com/riyu/lunwen_48849.html

------分隔线----------------------------
推荐内容