毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

《菊与刀》和《耻感文化再考》耻感文化的深度解读

时间:2020-05-17 11:19来源:日语论文
恥の文化の検討――『菊と刀』と『恥の文化再考』を中心に,日语论文《菊与刀》和《耻感文化再考》耻感文化的深度解读

摘要本尼迪克特提出了耻感文化的概念,并认为罪感文化源于内在自省而耻感文化依赖外在制约。针对两种文化类型的“内外之分”,作田启一区分了公耻与私耻,补充了“羞耻”这一侧面,主张“羞耻”与罪感的发生机制类似,是内在意识和约束力。为探讨耻感文化是否存在内在约束,本论文首先从耻感文化的定义出发,总结了二人定义中的矛盾点;其次探讨了“羞耻”的产生机制和社会功能,并联系日本社会的欺凌等现象从社会心理的角度论述耻感文化存在内在约束;最后以互动仪式链论证了耻感以他人在场为前提,在发生机制上依赖外在制约,但在情感传递与社会结合上存在内面化。49113

毕业论文关键词  耻感文化   羞耻   内在制约力

毕 业 论 文 外 文 摘 要

テーマ   恥の文化の検討――『菊と刀』と『恥の文化再考』を中心に

要旨 ベネディクトは「恥の文化」という概念を提出し、内面的な自省に基づく「罪の文化」と違って「恥の文化」は外面的な制裁に頼ることとしている。「内外の区別」に対し、作田啓一はさらに恥を公恥と私恥に分け、「恥の文化」には「羞恥」という側面があると主張する同時に、「羞恥」が「罪の文化」と同じく内面的な規制力を持っていると強調している。「恥の文化」には内面的な規制力が存在しているか否かということを明らかにするため、本論文はまず両氏による「恥の文化」の定義を考察し、その矛盾した処をまとめた。そして、羞恥の発生のメカニズムと社会機能、また、日本社会のいじめ問題と結びつけて、「恥の文化」には内面的な規制力があると論じた。最後、儀礼的連鎖理論を用い、恥の発生は他人が居合わせることを前提として、発生のメカニズム上外面的な規制に頼り、感情の伝達と社会団結上内面化があると論証した。

キーワード  恥の文化  羞恥  内面の規制力

目   次

はじめに  1

一、「内外」の提出 2

1.「恥の文化」における先行研究 2

2.課題の提出 3

二、「恥の文化」とは4

1.「罪」、「恥」の概念について4

2.作田啓一の再考 5

三、「羞恥」の発生過程7

1.発生基盤:「半所属」7

2.「羞恥」の位置づけ9

3.「羞恥」の社会表現10

四、恥の文化について 12

1.社会機能 12

2.恥の哲学:壁 13

3.儀礼の連鎖的相互作用 14

おわりに 15

謝辞 17

参考文献 18

はじめに

 ルース·ベネディクト(1887-1948)は『菊と刀』という本の中で初めて明確に「恥の文化」という概念を提出したが、日本文化を「恥の文化」と規定する判断を下さなかった。『菊と刀』は日本民族の個性を浮き彫りにして見せる有効性に疑いもなく、長時間討論されている同時に誤解を含んだ解読も少なくない。「罪の文化」は内面的な自省に基づき「恥の文化」は外面的な制裁に頼るという論説が日本学者の反論を買ったのである。社会学者の作田啓一(1922-2016)の『恥の文化再考』は「恥の文化」に着力点を付け、その後『菊と刀』の数多くの関連批判を「恥の文化」における議論に導いた。恥の文化をめぐっている再考は、『菊と刀』という本が日本文化=恥の文化という定義のシンボルに同等されるとともに「恥の文化」と「罪の文化」の対照図式に対立の関係が存在しているというような認識に大きな影響を与えた。 『菊と刀』と『恥の文化再考』に基づき、そもそも文化の型の一つとして論じられる「恥の文化」の本質を深く解読する必要がある。「罪の文化」と対立しなく、内面的な規制力も持っている可能性を解明することは本研究の課題である。 《菊与刀》和《耻感文化再考》耻感文化的深度解读:http://www.lwfree.com/riyu/lunwen_51960.html

------分隔线----------------------------
推荐内容