毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

从森鸥外的《雁》看反自然主义

时间:2020-05-17 11:21来源:日语论文
森鴎外の『雁』から見る反自然主義,日语论文从森鸥外的《雁》看反自然主义,森鴎外は日本近代ロマン主義文学の先駆であり、夏目漱石とともに明治時代の二人の文豪としてよく

摘要森鸥外是日本近代浪漫主义文学的先驱,与夏目漱石并称为明治时期的两大文豪,其创作对日本近代文学产生了深远影响。《雁》这部长篇小说是其于自然主义盛行之时发表的反自然主义代表作,是其在创作生涯后期艺术成就较高的一部作品。该部作品具有极高的研究价值。通过对CNKI和CINII两大数据库进行文献搜集,可知对森鸥外文学作品的研究主要集中在森鸥外的思想矛盾、女主人公阿玉悲剧命运的必然性、对作品的意象分析以及森鸥外其他作品与反自然主义文学等方面,尚未有先行研究从森鸥外的《雁》这部作品入手,分析其体现出的反自然主义。本课题拟采用分析法、收集法、文本分析法等方法进行研究,从森鸥外《雁》这部小说入手,研究其中体现的反自然主义。49114

毕业论文关键词  森鸥外  《雁》  反自然主义

Title    森鴎外の『雁』から見る反自然主義                     

Abstract

森鴎外は日本近代ロマン主義文学の先駆であり、夏目漱石とともに明治時代の二人の文豪としてよく知られている。彼の創作が日本の近代文学に深い影響を与えていた。『雁』という長編小説は自然主義が大流行していた時期に発表された反自然主義の代表作であり、森鴎外の創作生涯の後期に高く評価されている作品である。そこで、その作品について研究する甲斐があると言える。CNKIとCINIIという二つのデータベースを利用し文献収集をし、週刊雑誌や著作、論文などの整理を通して、森鴎外の文学作品に対する研究は森鴎外の思想矛盾、女主人公お玉の悲劇の運命の必然性、作品の中の各イメージに対する分析と森鴎外の他の作品と反自然主義文学の四つの面に集まっている。『雁』から着手して、その中に現れた反自然主義についての研究はあまりなかった。したがって、拙論は分析法、収集法、テクスト分析法を通じて『雁』から森鴎外の反自然主義を分析しようと思う。

Keywords  森鴎外  『雁』  反自然主義

目   次

1   はじめに 1

2  先行研究  2

2.1  森鴎外の思想矛盾   2

2.2  女主人公お玉の悲劇の運命の必然性  2

2.3  作品の中の各イメージに対する分析   3

2.4  森鴎外の他の作品と反自然主義文学   3

3   森鴎外の『雁』から見る反自然主義  5

3.1  客観を軽視せず、主観を重んじること  5

3.2  自分の存在する価値を探し、積極的な人生を追求すること 7

3.3  自然主義の「性欲文学」を否定すること 9

終わりに  13

致谢  15

参考文献16

1  はじめに

森鴎外は日本近代ロマン主義文学の先駆であり、夏目漱石とともに明治時代の二人の文豪としてよく知られている。彼の創作が日本の近代文学に深い影響を与えていた。『雁』という長編小説は自然主義が大流行していた時期に発表された反自然主義の代表作であり、森鴎外の創作生涯の後期に高く評価されている作品である。拙論は『雁』に手を付けようとし、この作品からの反自然主義を研究しようとする。

2  先行研究

CNKIとCINIIという二つのデータベースを利用し文献収集をし、週刊雑誌や著作、論文などの整理を通して、森鴎外の文学作品に対する研究は以下の四つの方面に集中していることがわかるようになった。 从森鸥外的《雁》看反自然主义:http://www.lwfree.com/riyu/lunwen_51961.html

------分隔线----------------------------
推荐内容