毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

日本产业观光山梨县对中国仙居县地域振兴的启示

时间:2020-06-21 21:10来源:日语论文
日本の産業観光から中国仙居県の地域振興へ啓示山梨県を例として,日语论文日本产业观光山梨县对中国仙居县地域振兴的启示

要旨日本では、観光立国を策定された以来、観光地域づくりが人たちに注目されている。観光資源中の一つとして、産業観光とは、歴史的·文化的に価値ある工場や機械などの産業文化財や産業製品を通じて、ものづくりの心にふれることを目的とした観光である。地域の産業観光は、地域の経済の発展や地域の間の交流にも促進の作用がある。今回、私は近年日本山梨県の観光地域づくりにおける葡萄·ワイン産業観光を研究の上で、中国浙江台州仙居産業観光の現状を調べ、仙居の現状を合わせて、観光産業の発展への啓示を考えてみる。51467

キーワード:日本山梨県葡萄,ワイン産業 仙居の観光産業 啓示

日本产业观光对中国仙居县地域振兴的启示以山梨县为例

摘要在日本,自从观光立国政策制定以来,观光地开发正受到人们关注。作为观光资源之一,所谓产业观光就是通过有历史文化价值的工厂和机械等产业文化财产和产品,从而接触制物之心为目的的活动。地区的产业观光对于地区经济的发展和地区间的交流有促进作用。在此,我在研究日本山梨县葡萄红酒产业观光的基础上调查中国浙江仙居县的产业观光,并结合仙居县的发展现状,思考山梨县产业观光的发展对于仙居县观光产业发展的启示。

毕业论文关键词:山梨县葡萄,红酒产业 仙居的观光产业  启示

 目次

1.はじめに 3

1.1観光産業と産業観光 3

1.2産業観光について 4

2.山梨県葡萄·ワイン産業観光 6

2.1山梨県について 6

2.2山梨県葡萄·ワイン産業観光と発展中の問題 6

3.中国仙居県の観光産業振興 9

 3. 1仙居県における観光産業の現状 9

3.2仙居県と山梨県の比較 10

4.まとめと今後の課題 12

4.1まとめ 12

4.2今後の課題 12

注釈 13

参考文献 14

謝辞 15

1.はじめに

2003年、日本政府は観光立国戦略を発表したともとに、地域振興という活動が全国で様々な方法で展開された。この中で地域民衆に注目されたのが、地域産業観光の振興である。特に、日本の山梨県では、昔から甲州葡萄という種類が日本人によく知られている。明治時代に、初めて甲州葡萄をベースとして、ワインを作った。これまで、ワイン工場と葡萄畑は山梨で溢れている葡萄、ワインの産業観光が、地域振興に欠かせない手段の一つであった。

 また、中国の仙居県は浙江省にある、山に囲まれた小さい地域である。楊梅·楊梅酒生産がこの地域の特徴である。この地域は日本の山梨県と、自然条件や人的条件が良く似ているため、山梨県の観光産業を発展の経験を借り、仙居県の観光産業発展の前景と問題点を考え、仙居県の現状を踏まえながら、今後の発展方向を予想する。

1-1.観光産業と産業観光

 世界で、はじめて観光を営利目的の事業としてスタートさせたのは、イギリス人のトーマス·クックだと言われている。1841年に458人の禁酒運動のメンバーを集め、貸切の列車で18キロ離れた町へ向かわせたのが、団体旅行活動の始まりだという記録が残っている。 日本产业观光山梨县对中国仙居县地域振兴的启示:http://www.lwfree.com/riyu/lunwen_55098.html

------分隔线----------------------------
推荐内容