毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

中日神话女娲和伊邪那美两国始母神形象的比较

时间:2020-07-21 11:21来源:日语论文
女媧とイザナミとの比較研究,日语论文中日神话女娲和伊邪那美两国始母神形象的比较論文では両国の母神である女媧とイザナミを比較して、功績と個性と後世への影響などの面か

女媧とイザナミとの比較研究要旨 人類の最初の記憶として、神話は人間が何も知らなかった時代の物語である。重要な遺産とも言える神話がその時の人間の憧れや幻想を表現している。女神は魅力的で特別な存在として時代が変遷する間ずっと輝いていた。各民族の歴史背景や地理環境などの要素で、中日の神話における女神のイメージは共通性もあれば、相違性もある。が、両国の女神はその民族の精神や信仰を象徴していて、民族の進歩に大きな影響を与えていたに相違がない。本論文では両国の母神である女媧とイザナミを比較して、功績と個性と後世への影響などの面から両者の共通性と相違性を分析し、それをもとにして、その裏にある文化背景と民族風俗を見つけたい。52726

キーワード: 女媧  イザナミ  中日神話    比較

摘要神话,作为人类最初的记忆,是人类最蒙昧时代的童话。它蕴含着先民们美好的幻想与憧憬,是先民们留下的宝贵的文化遗产。而女神,作为神话中有着神秘光环与魅力的特殊女性群体,在历史变迁中,一直闪耀着不朽的光辉。在不同名族的不同社会环境与时代背景因素作用下,中日两国神话中的女神形象既有相似性,又有着明显的差异性。但无需置疑的是两国的女神都被本民族人民赋予了各种意义和精神的象征,对人类的产生及发展都有着深远的影响。本文通过中日两国始母神形象的比较思考,探究形成共性与差异背后的民族特性与文化内涵。

毕业论文关键词:女娲  伊邪那美  中日神话  比较

目次

1.はじめに1

1.1先行研究..1

1.2研究内容と意義..2

2. 両国の母神3

2.1 中国の母神――女媧3

2.2 日本の母神――イザナミ..3

3. 両国の母神の共通点.5

3.1 兄妹神5

3.2 母神の功績..6

4. 両国の母神の相違点.7

4.1 両国の母神の個性と行動の形.7

4.2 後世への影響7

4.3 相違点の原因8

    4.3.1 異なる個性と行動の形の原因.8

  4.3.2 異なる後世への影響の原因9

5.おわりに.10

5.1 結論.10

5.2 今後の課題.10

1.はじめに

1.1先行研究

 神話は、人類社会の最初の記憶として、開化していなかった時代に、人類が万物に対し、素晴らしい憧れを持っていたことを伝えるものである。神話は人類の知恵の結晶であると同時に、その民族の原始観念も表す。最初の原始社会は母系社会のため、この時代の人類は職能でも地位でも、女性のほうが高いと思っていた。従って、彼らが想像してきた神は主に女性であり、例えば、中国の母神女媧や日本の母神イザナミなどである。

90年代以来、女神の研究は熱になっている。神話についての著作は、多かれ少なかれ女神のことに触れている。従って、研究に当たり、中日両国の神話や母神に関する様々な先行研究を読んでみた。

一、単なる一つの女神についての研究

程静(2010),『「淮南子」三女神研究』という論文の中では、中国の母神女媧について、「女媧の功績は四つの部分に分けられる。それは女媧が穴のあった空を繕ったこと、洪水を治めたこと、人類を産んだこと、国を治めたことである。それから、後漢の劉安の話で女媧を評価し、彼女の知恵を称える。女媧は誠に帝王の模範である。」と述べている。 中日神话女娲和伊邪那美两国始母神形象的比较:http://www.lwfree.com/riyu/lunwen_56725.html

------分隔线----------------------------
推荐内容