毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

夏目漱石《心》小说中人物的价值观

时间:2020-10-14 17:32来源:日语论文
『こころ』における人物の価値観について,日语论文关于《心》中人物的价值观

要旨本論は『こころ』における重要人物の価値観を手がかりに、当時の社会背景が社会普遍の価値観への影響を分析し、小説における人物の価値観が形成された原因も分析した。それから、それらの価値観が他人へどんな影響を及ぼすかも論じた。そして、重要人物の価値観の比較を通し、明治時代日本社会の複雑な現実と人々の心理と著者の目的もよく分かるし、さらに、人物の複雑で、矛盾の精神世界と小説における重要的な人生課題、即ち、自己本位主義を理解する。57911

キーワード:価値観;自己本位;明治精神

摘要本文主要以《心》中主要人物的价值观为主线,先介绍当时社会背景对社会普遍价值观的影响,然后再分析小说中主要人物形成他们各自价值观的各方面的原因,以及由于这种价值观而对他人造成的影响,再将主要人物的价值观进行比较分析,从而使我们更好地了解明治时代日本社会复杂的现实和思想状况、透析人性心理、解读作者写作目的,帮助我们看懂人物复杂矛盾的精神世界和其中的一个严肃的人生课题——利己主义。

毕业论文关键词:价值观;利己主义;明治精神

謝辞 I

要旨 II

摘要

1 はじめに 1

2 当時の社会背景が社会普遍の価値観への影響 2

3 先生について 3

3.1 先生の価値観 3

3.2 先生の価値観が形成された原因 3

3.3 先生の価値観が「私」と静への影響 4

4  Kについて 6

4.1 Kの価値観 6

4.2 Kの価値観が形成された原因 6

4.3 Kの価値観が先生への影響 7

5 先生とKの価値観の比較 8

6 まとめ 9

参考文献 10

1 はじめに

私は『こころ』をはじめて読んだから、この小説のすばらしい人物描写や心理描写に感嘆してやまない一方、この小説の悲劇的な結局に対して、なんとなく疑いがある、なぜKも先生も最後自殺したなのか、その自身の内心における価値観であると思う。価値観はすべての根本であると思って、人は価値観によって、自分の立場を決めてしまって、すると、その生き方も決める。私はその内面的なものをまとめてみたいと思うゆえに、この題名をつけた。

さて、長編小説『こころ』は時代を超えて日本文学を代表する名作で、日本人の性格と魂が現れてきて、国民人気No.1にふさわしい作品である。「自己の心を捕らえんと欲する人々に、人間の心を捕らえ得たるこの作物をすすむ」。小説は日本当時の社会現状を反映し、それから、作者は明治時代の自我主義な人に強烈な批判を与える。そのエゴイズムや孤独な内心など人間の弱点が際立って現れた。いずれにしても、これらは作者が描いた人物の内心の価値観から見て分かる。特に、先生の価値観が全文の主導地位を占めている。一方、当時の社会背景と社会普遍の価値観も重要な立場にある。私はこの論文を書くために、いろいろな資料を調べたうえに、先輩たちもいろいろ教えてもっらた。この小説の書く環境をもっと詳しく了解した。さて、本論では、まず、当時の社会背景が社会普遍の価値観への影響を説明した。それに、先生とKの価値観を論述した。そうしたら、主人公の価値観の独特なところが分かったし、社会背景が主人公にどんな影響があるのも了承した。その次に、先生とKの価値観を比較して、彼ら自分の人生をこうした選択理由を見て分かる。 夏目漱石《心》小说中人物的价值观:http://www.lwfree.com/riyu/lunwen_62773.html

------分隔线----------------------------
推荐内容