毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

日本人の無常観日本人的无常观

时间:2020-10-16 09:30来源:日语论文
日本人の無常観,日语论文日本人的无常观,仏教が日本で絶えず発展するとともに、無常観も日本社会で重要な役割を果たしていて、日本人の特有の世界観を構成する

要旨「無常観」は仏教の思想から来たものである。仏教が日本で絶えず発展するとともに、無常観も日本社会で重要な役割を果たしていて、日本人の特有の世界観を構成する。本文は日本人の無常観の起源、形成要因、表現と評価により構成されている。論述のことから見て、日本人に対して無常観はたいへん重要だという結論を得るのができる。これによって、日本社会と日本の民族特性に突っ込んで研究することができると思う。58051

キーワード:無常観;起源;形成要因

摘要无常观的概念起源于佛教,随着佛教在日本不断的发展,无常观的思想也发挥着越来越重要的作用,构成日本人独特的世界观。本文主要是由日本人的无常观的起源、形成原因、表现以及外界对日本人的无常观的评价这四个部分组成。通过以上论述,能够得出无常观对于日本非常重要的结论,从而得以更加深入地研究日本社会以及这个民族的特性。

毕业论文关键词:无常观;起源;形成原因

謝辞 I

要旨 II

摘要

1 はじめに 1

2 無常観とは 2

2.1 無常観の意味 2

2.2 無常観の起源 2

3 日本人の無常観の形成要因 4

3.1 自然環境の要因 4

3.2 日本の宗教の要因 4

3.3 日本の文学の要因 5

4  日本人の無常観の表現 7

4.1 危機意識 7

4.2 茶道の一期一会 7

4.3 審美意識から見る 8

4.4 生死観から見る 9

5 日本人の無常観に対しての評価 10

6 終わりに 11

参考文献 12

1 はじめに

日本は大陸に離れての島国をとして、資源が乏しい、その上、台風や地震など自然災害も頻繁に発生する。したがって、古代から今まで日本人は自然に対してずっと無常と感じた。6世紀、仏教が百済から日本に伝来し、その後、日本社会に大きな影響を与えて、無常観も人々によく知られていた。そして、自然に対しての無常の感覚は仏教に含む無常観と融合し、日本人の特有な「無常」の世界観を形成した。

無常の思想が日本社会に浸透し、日本の伝統思想、文化と長い間に衝突し、融合したの産物で、日本社会と文化の発展を推し進める力量になっていた。古代から現代まで、無常の思想を含む文学作品が数えきれないだけでなく、日本人の精神世界を構成する要素をとしての茶道精神にさえ、無常観の影響も受けた。「一期一会」は茶道の心得をとして、一生に集まる宴会が一回だけというもので、人生に対して無常と感じるの結果だ。もう一つ、日本人の審美意識と生死観の面で、無常観もみえる。例えば、日本人の審美意識は無常観の影響を受けた、不完璧主義と不対称主義は主流思想になる。また、日本には自殺の現象が普遍だ、その重要な原因も無常観の影響だと考えている。なぜだと言うと、無常観が仏教からの言葉、一つの意味は生命は無常、人の肉体と精神が永久に存在することできない。 日本人の無常観日本人的无常观:http://www.lwfree.com/riyu/lunwen_62982.html

------分隔线----------------------------
推荐内容