毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

中日快递服务的比较

时间:2020-12-21 21:08来源:日语论文
日中宅配便サービスの比較,日语论文中日快递服务的比较ネット通販が消費手段の主流となっている現在の中国において、その恩恵を受けている分野の一つが宅配業界である

要旨ネット通販が消費手段の主流となっている現在の中国において、その恩恵を受けている分野の一つが宅配業界である。中国国家郵政局の発表によると、2014年、我国の宅配便の取扱件数は140億件に達し、前年同期に比べて52%増加した。現在の中国はアメリカを超え、世界第一位の宅配便市場となっている。しかし、宅配便の利用が広がるにつれてクレーム率も年々増加している。2014年のクレームの中に配送の過程で配達サービス、荷物の遅延、荷物の破損、荷物の紛失と従業員のサービス態度がクレーム全体の80%以上の割合を占め、厳重な問題である。

隣国の日本に視線を向けて、三十年の発展を経って、日本の宅配便が成熟期に入って、ネットワークの末端、技術、サービスなど方面に豊富な経験を持っていて、今も絶え間なく新しい発展戦略を探している。それは中国の宅配便の企業がクレーム率を下げるのに対して、ある程度の啓発がある。61220

本稿では、利便性、迅速性、安全性、従業員の素質、経済性という五つの方面から日中宅配便サービスを比較する。具体的なデータを結び付ける比較を通して、日中宅配便サービスの差別を分析し、さらに、中国宅配企業将来の発展への啓発について、自分なりの意見を述べたいと思う。

キーワード:中国宅配便;日本宅配便;宅配便サービス;クレーム率

摘要在当今中国,网购已成为消费手段的主流,受益于此的其中一个领域就是快递业。据国家邮政局统计,2014年我国快递业务量达到了140亿个,比前年同期增长了52%。当今中国已经超越美国,跃居世界第一快递大国。但是,随着快递利用率的增加,快递行业的投诉率也在不断增加。2014年的投诉问题中,仅仅是对投递服务、延误、破损、丢失缺少、快递员服务态度的投诉就占了80%,可以看出问题的严重性。

那么把视线转向我们的邻国日本,日本快递业经过30多年的发展,早已进入成熟期,在网点、技术、服务等方面拥有丰富的经验,并且仍在不断地探索新的发展战略。这对中国快递企业降低投诉率有一定的启示。

本文从便利性、迅速性、安全性、从业员的素质和经济性这5个方面着手,对中日快递进行比较。通过比较,结合具体的数据,分析中日快递服务之间存在的差距,阐述其对我国快递产业将来发展的借鉴意义。

毕业论文关键字:中国快递;日本快递;快递服务;投诉率

目 次

謝辞 I

要旨 II

摘要 III

1 はじめに 1

1.1 研究の動機及び目的 1

1.2 先行研究のまとめと新しい視点 1

2 日中宅配便市場の現状 2

2.1 日本宅配便市場の現状 2

2.2 中国宅配便市場の現状 4

3 日中宅配便サービスの比較 6

3.1 利便性の比較 6

3.2 迅速性の比較 7

3.3 安全性の比較 9

3.4 従業員の素質の比較 10

3.5 経済性の比較 中日快递服务的比较:http://www.lwfree.com/riyu/lunwen_66873.html

------分隔线----------------------------
推荐内容