毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

从日剧《打工仔买房记》看日本人的家庭观

时间:2021-01-23 16:04来源:日语论文
ドラマ『フリーター、家を買う』から見られる日本人の家庭観,日语论文从日剧《打工仔买房记》看日本人的家庭观

要旨先進国として、日本は他の先進国と違って、保守的な家庭観を持っている。家庭観と家族関係におけて、日本は中国により似ている。明治維新以来、日本はずっと西洋の技術や文化を勉強していて、科学、技術、経済など方面て次第に近代化を実現したが、しかし社会的な方面の近代化ははるかに後ろに落ちていた。家庭観の上で、日本は依然として中国の伝統の思想の影響を受けるので、保守的な家庭観を維持している。「夫は仕事、妻は家庭」という観念は日本の発達している経済と文化と一致しない。62530

キーワード:『フリーター、家を買う』;夫は仕事、妻は家庭;家庭観;

摘要作为发达国家,日本与其他发达国家不同,仍然保持着保守的家庭观。在家庭关系和家庭观方面,日本与中国更加相似。明治维新以来,日本一直学习西方的技术文化,虽然在科学,技术,经济等方面渐渐实现了近代化,但是社会的近代化却远远落后。在家庭观方面,日本受到中国传统思想的影响,仍然维持着保守的家庭观。“丈夫工作,妻子家务”的家庭观与日本发达的经济文化不相符。

毕业论文关键字:《打工仔买房记》;丈夫工作,妻子家务;家庭观

謝辞 I

要旨 II

摘要 III

1 はじめに 1

1.1 研究の動機及び目的 1

1.2 先行研究のまとめと新しい視点 1

2 ドラマ『フリーター、家を買う』中の家庭観 2

3 この家庭観が生じる原因 3

3.1 伝統的な家族制度の影響 3

3.2 女性は家庭と仕事の両立が難しい 3

4 この家庭観の利害 5

4.1 メリット 5

4.2 デメリット 8

5 家庭観の変化 10

6 まとめ 11

参考文献 12

 1 はじめに

1.1 研究の動機及び目的

 日本のドラマの中で、男性が外出して働き、女性は家で家事をするシーンをよく出てくる。このような「男性は仕事、女性は家庭」という家庭の観念は先進国として西方の国で珍しくても、日本で昔から存在して、甚だしきに至っては男女不平等を支える立法がある。このような観念は男尊女卑の思想を体現していて、日本の発達している経済社会とたいへん一致しない。このような観念は依然として日本社会に存在する原因、よく考えて研究する値打ちがある。源:自*辣`味%论,文'网·www.lwfree.com/

1.2 先行研究のまとめと新しい視点

日本の家庭観を研究している人は多いが、多数の人は家庭観を形成した原因を研究し、家庭観の影響や変化を研究する人はそれほど多くない。

『近代の家庭制度の変遷』は歴史の沿革の中で、日本家庭制度は深い変遷発生し、家庭で存在する価値は封建的な「一族の制度」の経済生活共同体から“経済の合理的な主義”を誘導した下で夫妻の協力する核心化グループに転向し、そして共になり、個人の共生の感情のきずなに転換するという内容を述べた。『日本の専業主婦の階層の形成』は各種の制度を出発点として、日本の専業主婦の階層の形成の過程及び日本社会に対して影響を分析した。 从日剧《打工仔买房记》看日本人的家庭观:http://www.lwfree.com/riyu/lunwen_68787.html

------分隔线----------------------------
推荐内容