毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 英语论文 >

日语论文《支那风物记》中村松梢风的中国观

时间:2018-10-29 11:43来源:英语论文
「支那風物記」における村松梢風の中国観,日语论文《支那风物记》中村松梢风的中国观,从《支那风物记》一书研究村松梢风的中国观

摘要:上世纪的日本文坛关于中国的文学作品日渐增多,这与中国的历史及其特定的时代背景有着很深的渊源。村松梢风作为活跃于20世纪前后的作家,他的作品多为其亲自取材有感而发所著。村松梢风于早年来到中国,以各地为题材将自己的游历写成了小说并出版了《魔都》、《支那风物记》、《支那漫谈》等名作品。29783
  本文从《支那风物记》一书研究村松梢风的中国观,共由辣部分组成。首先对中国的时代背景作简单的介绍,追溯村松梢风与中国之缘,由代表作《支那风物记》的具体内容分析入手来研究其独特的中国观。并引申探讨村松梢风在战前战后意识的微妙变化。
毕业论文关键词:村松梢风;上海;中国;支那风物记
「支那風物記」における村松梢風の中国観
目 次
摘要1
关键词1
要旨1
キーワード1
1はじめに1
2時代背景2
2.1同時期の日本の状況との比べ2
2.2村松梢風と中国の縁起3
3 村松梢風の代表作「支那風物記」における中国観3
3.1「上海風俗」3
3.2「大世界」4
3.3「支那の社会像」5
3.3.1「宿命の支那」 6
4 村松梢風の中国観の変化6
5おわりに7
謝辞7
参考文献7
《支那风物记》中村松梢风的中国观
要旨:前世紀の日本文壇において中国のことについての作品が多くなり、それは中国の歴史と特定の時代背景に深く繋がりがある。村松梢風は20世紀前後活躍している作家として、彼の作品が自分の足で直接取材した話が多いのが特色である。自ら中国を訪れ、中国各地を取材する「魔都」、「支那風物記」、「支那漫談」という自分の遊歴を形式として有名な作品を出版した。
 本論は「支那風物記」における村松梢風の中国観を研究し、五つの部分からなっている。村松梢風は共に辣回中国を訪れた。まず中国の時代背景を紹介する。村松梢風と中国の縁起を遡り、代表作「支那風物記」の具体的な内容を分析し、村松梢風の中国観を探究する。また、戦争より村松梢風の戦前と戦後の意識の微妙な変化を論じる。
キーワード: 村松梢風、上海、中国、支那風物記
1 はじめに
 村松梢風の作品を読むきっかけについては、偶然に新聞の一つのニュースを目にかかったことだ。日常生活では人々が常に上海を魔都、北京を帝都と呼ぶ。これはなぜかというと、今まで考えたことはない。その新聞のコラムのおかげで、魔都という称号は村松梢風の同名小説の「魔都」から伝われることを漸く分かった。また、自分の出身は上海だから、この不思議な都会の歴史にすごく興味を持っている。これを契機に村松梢風の作品を読み始めた。
村松梢風は前世紀の日本文壇においてはそれほど有名な人物ではない。しかしながら、彼は中国の研究分野に巨大な貢献をした。よく中国へ訪れたことがあり、中国のことに詳しいので中国通という称号をもらった。「魔都」、「上海」等の一連の中国に関する作品を発表した。村松梢風の作品に対しての研究における、主には「琴姫物語」、「魔都」、「女経」のような名作だけで、ほかの中国に関する作品の分析は多くないだ。ですから、自分も村松梢風の作品の研究に少し力を出したいと思い、「支那風物記」という作品を選んだ。「支那風物記」も村松梢風の中国のことについての作品の一つとして、典型的な旅行記の作品である。本論ではこの作品から村松梢風の中国観を探究しようと思う。 日语论文《支那风物记》中村松梢风的中国观:http://www.lwfree.com/yingyu/lunwen_25158.html
------分隔线----------------------------
推荐内容