毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 英语论文 >

日语论文从《劝学》的中译本来分析直译和意译的不同

时间:2019-11-29 16:02来源:英语论文
『学問のすすめ』の中国語訳本から直訳と意訳についての研究,日语论文从《劝学》的中译本来分析直译和意译的不同

从《劝学》的中译本来分析直译和意译的不同摘要直译与意译是两种常见的翻译方法。使用直译更好还是使用意译更好,一直是翻译界争论不休的问题。本文以《劝学》的中译本为蓝本,主要围绕被动与使役表达两个方面来讨论直译与意译使用上的区别,为译者在翻译被动与使役表达时提供一定的参考。本文由以下四个部分组成。42191

第一部分,介绍《劝学》和其三个中译本。主要对作者和译者、作品的主旨、以及其影响都进行了详细的说明。

第二部分,对直译与意译的发展史进行了说明。从古代的东晋、19世纪后、现代三个阶段,分别对直译与意译的历史起源、发展历程、定义以及它们之间的纷争进行阐述。我国东晋时期就已经出现直译与意译两种翻译手法,当时直译的主要代表人物是道安,而意译的代表人物为鸠摩罗什;而到19世纪后,鲁迅坚持主张直译手法,而严复严厉批判直译提倡意译;后来,随着时代发展,人们开始发觉只有两种翻译手法相结合,才能译出最通达的语句。

第三部分,在前人研究的基础上,通过作品中的一些部分,对产生直译与意译不同的原因进行分析。分析主要是从文化差异,时代背景以及读者的阅读水平三个方面分别对直译与意译争端的成因进行阐述。文化差异主要体现在中日历史与社会环境方面,时代背景是根据三个译本不同时代而展开说明:读者的阅读水平是影响翻译的一项重要的主观因素。

最后,以《劝学》的译本为基础,通过将原文与译文作比较,从被动与使役两方面分别来探讨直译与意译的适当的使用方法。从被动方面来看,当原文为直接被动句时,一般使用直译;当原文为间接被动句时,一般使用意译。从使役方面来看,当被强迫或勉强做某事或者是想强调某个动作时,一般使用直译,即翻译成“使……”、“让……”“令……”等;其他若为了体现文学艺术性,就可以意译。当然,此规则并不是绝对的,也存在一些特殊的例子。

毕业论文关键词:翻译;直译;意译;被动;使役

『学問のすすめ』の中国語訳本から直訳と意訳についての研究

要旨 直訳と意訳は翻訳の二つの方法である。直訳と意訳は良くも悪くも、翻訳界には延々と論争する問題だ。本稿では、直訳と意訳の選びに参考にするために、『学問のすすめ』とその中国語訳本における直訳と意訳の表現を中心に、原文と三つの訳文を対照しながら、受身表現と使役表現から直訳と意訳の差異を検討する。したがって、本論文は主に以下の四つの部分からなっている。

第一の部分に、『学問のすすめ』とその三つの中国語訳本について紹介する。作品の作者と訳者から作品の要旨と後世に与える影響まで説明する。

第二の部分に、直訳と意訳について簡単に説明する。その中では古代の東晋、19世紀後、現代の三つの段階に分かれて、別々に直訳と意訳の起源、発展、定義及び直訳と意訳の争いを論述する。東晋に直訳と意訳はもうをみせた。道安は直訳の代表であるが、鸠摩罗什は意訳を主張する。19世紀後、直訳と意訳は魯迅派と厳復派に分かれる。その後、西洋文化を導入されたに伴って、直訳と意訳が結びつけて一つのまとまりにすればほうがいいと主張された。

第三の部分に、前人の研究に基づいて、作品から見た一部を通して、直訳と意訳の違いの要因について述べる。その中で、文化差異、時代背景、読者の読解能力の三つの原因に分けて、具体的に分析する。文化差異は主に中日歴史と社会環境について討論するが、時代背景は三つの訳本の背景から着手する。それに、読者の読解能力が翻訳に影響することも述べた。 日语论文从《劝学》的中译本来分析直译和意译的不同:http://www.lwfree.com/yingyu/lunwen_42548.html

------分隔线----------------------------
推荐内容