毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 英语论文 >

日语论文江户时代的达摩戏画

时间:2020-01-20 09:48来源:英语论文
江戸時代における達磨戯画について,日语论文江户时代的达摩戏画

要旨「戯画」は最初に奈良時代に出現し、平安時代に流行し、そして「をこ絵」や「ざれ絵」などの呼び方を持ちつつ、現代では「漫画」としてみなされている。

戯画という分野に所属する絵の種類は実に多い。本論では主に江戸時代の達磨戯画作品などに着手し、俗神の達磨の戯画化について分析し、達磨戯画の遊戯性、諷刺性、自由性などの特徴を明らかにしたい。44301

キーワード:戯画;遊び;絵画;戯れ絵; 美術; ユーモア

概要戏画最初出现于奈良时代,于平安时代开始流行,曾有过“呜呼绘”,“戏绘”等称呼,延承至今发展成为现代的“漫画”。

 戏画所包含的种类有很多。本论文主要以江户时代的对达摩祖师的戏画为中心展开,分析作为俗神的达摩禅师的戏画化,对在戏画中所体现的游戏性,讽刺性,自由性等进行调查分析。

毕业论文关键词:戏画;游戏;绘画;戏绘; 美术; 幽默

目 次

1 はじめに 1

1.1 「戯画」の先行研究 1

2 達磨と達磨図 3

2.1 達磨について 3

2.2.1 達磨の生涯 3

2.2.2 達磨の思想 4

2.2 達磨図の数々 4

3 江戸人のユーモア――達磨戯画作品 5

3.1 席画――大達磨と見返り達磨 5

3.1.1 北斎の『大達磨』 5

3.1.2 蕭白の『見返り達磨』 6

3.2 遊女とつながった達磨 6

3.2.1 竹田春信の『達磨遊女異装図』 7

3.2.2 河鍋暁斎の『達磨耳かき図』と鈴木春信の『水鏡で髯抜く達磨』 8

3.2.3  菊川英山の『達磨三味線修行図』 8

3.3 女達磨と達磨飾り 8

4 「茶化す」から見る日本人の心 9

4.1 日本人の遊び心 9

4.2 諸行無常の混沌 10

5 終わりに 10

参考文献 12

付録 13 

1. はじめに

1.1「戯画」の先行研究

「戯画」という絵画は、一見ふざけたものばかりだが、知らず知らずのうちに注目してしまう絵のことだと思う。「戯画」という言葉を説明すると、最も直観的に言い換えた言葉は「ざれる絵」、いわば「ざれ絵」である。「戯」という言葉は、ふつうは「冗談」、「戯れ」、「ふざける」などの意味を持ち、「戯画」を定義すると、多少「ふざけた絵」や「面白い絵」などの意味に近い。多くの資料では、戯画を定義することは難しいと述べている。「戯画」は最初に奈良時代に出現し、平安時代に流行し、そして「をこ絵」や「ざれ絵」などの呼び方を持ちつつ、現代では「漫画」として認識されている。いわば「漫画」の前身ともいえるだろう。先行研究の中に、「戯画」を全体的に研究したものは少ない。その代わりに、作品ごとに、あるいは一種類の作品について分析する研究は多く見られた。中でも高山寺に伝わる国宝『鳥獣人物戯画』という絵巻についての研究は実に多い。作品ごとに特殊性がある一方、複数の作品の共通性も見えてくる。そこで、やはり「戯画」という絵は「戯」から離れることはできず、そこで「遊戯性」や「ユーモア」が見られる。 日语论文江户时代的达摩戏画:http://www.lwfree.com/yingyu/lunwen_45550.html

------分隔线----------------------------
推荐内容