毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 英语论文 >

日语论文从樱花看日本人的生死观

时间:2020-01-20 10:38来源:英语论文
桜から見る日本人の死生観 ,日语论文从樱花看日本人的生死观

要旨桜は日本の国花として日本人に愛されている。花見の時期、桜の下でお酒を飲んだり、話をしたりするのは実に楽しいことてある。しかし、桜は日本人の死生観と関わっている。桜が日本人の独特の死生観にどのような影響をおよぼしているのか。本論文では、まず、先行研究を紹介する。そして、桜の文化についての文献を調べ、日本人の死生観についての資料を整理し、分析する。最後に、桜の文化が日本人の死生観に与えた影響を探り出す。44307

キーワード:桜、死生観、物哀、瞬間美

摘要樱花作为日本的国花,备受日本人的推崇和喜爱。樱花季节,在樱花树下喝酒,聊天,是如此的惬意。然而樱花竟然与日本人的生死观有着密切的关系。那么樱花对日本人独特的生死观造成了什么样的影响呢?本文首先对先行研究进行调查。然后查找和整理关于日本樱花文化的文献以及日本人生死观的资料,并进行分析。最后探讨日本的樱花文化对日本人生死观的影响。

毕业论文关键词:樱花、生死观、瞬间美、物哀

目  次

1. はじめに 4

1.1先行研究 4

1.2 本稿の目的と方法 5

2. 桜と日本人の死生観 5

2.1桜の文化5

2.2日本人の死生観7

3.桜と日本人の死生観の関係 8

3.1桜の生のイメージ   8

3.2桜の死のイメージ   9

3.3 桜の文化が日本人の死生観に与えた影響 10

4. まとめと今後の研究課題  12

4.1まとめ  12

4.2今後の研究課題 ‥12

参考文献 12

1. はじめに

1.1先行研究

中国には「安らかに死ぬよりはみじめながらも生きていたほうがよい」という意味の諺がある。「生」は人間に一番大事なものであるに対して、「死」はすべての終わりを意味しており、どんな華やかな美しい形でも「死」は死である。キリスト教を主な信仰とする欧米諸国でも「死」に否定的消極的な気持ちを抱いている。キリスト教の教義によると、自殺が許されるものではない。命が神に受けられるものであると信じ、神だけが人間の生死を決められる。そのほか、仏教においても自殺を反対する対象とされている。自殺が非常に厳重な殺生の罪であり、死後地獄道、饿鬼道、畜生道という三つの悪道に落ちるという説がある。

しかし、日本民族の死亡に対する信仰は他の民族と違っており、自分の意思で自分の命を終えることは容認できる。『ノルウェイの森』に生と死の解释があるように「死は生の対立ではない、生の一部として存在する」。日本人にとって、死は生の続きあるいは生の一部として考えられている。

世界中に知られ渡った日本人小説家村上春樹の小説『ノルウェイの森』の中に、木月が死んでおり、初美が死んでおり、そして緑の父親も死んだ。また最後に直子も死んだ。作者はひとりひとりの死についての描写を通じて死そのものを評価しようとした。文学は文化の土壤に根をおろすと言われ日本社会独特の死生観もそこから伺われるのである。文学作品だけではなく、日本人作者自身、たとえば、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫らも自殺という形でみずからの命をたった。

池田真由香先生の『日本人の死生観とターミナルケア』の中に以下の話がある\辣|文'论"文:网www.lwfree.com。日本の文化の特徴の一つでもいえるかもしれないが、「死」に対してなにらかの美学が存在するように思われる。特に侍や兵士の生き方の中に、死を「潔さ」、「忠孝」、「潔癖」等の現れと捉えることがある。さらに、家族に対して迷惑や心配をかけたくないという配慮から、痛み等の苦痛に我慢して笑顔さえみせようとする。 日语论文从樱花看日本人的生死观:http://www.lwfree.com/yingyu/lunwen_45558.html

------分隔线----------------------------
推荐内容