毕业论文

打赏
当前位置: 毕业论文 > 医学论文 >

日语论文《海边的卡夫卡》和《世界尽头与冷酷仙境》看村上文学的魅力

时间:2020-01-12 11:05来源:毕业论文
『海辺のカフカ』と『世界の終わりとハードボイルド•ワンダーランド』から見る村上文学の魅力,日语论文《海边的卡夫卡》和《世界尽头与冷酷仙境》看村上文学的魅力

要旨本稿は『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』と『海辺のカフカ』、この17年の時間差もある二作を中心に、創作手法の面から、村上文学を解読してみたい。主に平行世界、虚構、メタファーなどの点から、この二作の異同点を比較する。43880

摘要本文选取了《海边的卡夫卡》和《世界尽头与冷酷仙境》两部相隔17年之久的作品,从创作手法的角度,对村上文学进行了解读。主要从平行结构、虚构手法、以及隐喻等方面,比较了两部作品之间的异同点。

キーワード:『海辺のカフカ』;『世界の終わりとハードボイルド•ワンダーランド』;

創作手法;村上文学

毕业论文关键词:世界尽头与冷酷仙境; 海边的卡夫卡; 创作手法; 村上文学

目  次

1.はじめに 1

 1.1 村上文学とは1

 1.1.1 作者紹介1

 1.1.2 作品の紹介1

  1.2 本稿の目的1

2.創作手法2

2.1二重世界2

2.1.1 二重世界とは2

2.1.2 世界の終わりとハードボイルド•ワンダーランド2

2.1.2.1その関係2

2.1.2.2その意義2

2.1.3 海辺のカフカ3

2.1.4 その相違点3

2.2 虚構4

2.2.1 虚構とは4

2.2.2 現実と非現実の一体化4

2.2.2.1現実の不条理4

2.2.2.2非現実の真実5

2.3 メタファー6

2.2.1 メタファーとは6

2.2.2 森のメタファー6

2.2.3 海辺のカフカ6

2.2.4 その意義7

3.終わりに7

参考文献8

1.はじめに

1.1 村上文学とは

1.1.1 作者紹介

村上春樹が『風の歌を聴け』(1979年)で群像新人文学賞を受賞しデビューし、1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。その後、2006年フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。

1.1.2 村上文学の特徴

村上の作品の特徴は平易な文章と難解な物語だと考えられる。村上によればアメリカ作家のブローティガンとヴォネガットからの影響を受け、デビュー当時から「敷居の低さ」で「心に訴えかける」平易な文章を書くのを意識して行ったという。

一方、文章の平易さに対して作品のストーリーはしばしば難解だとされる。村上自身はこの「物語の難解さ」について、「論理」ではなく「物語」としてテクストを理解するよう読者に促している。また、物語中の理解しがたい出来事や現象を、村上は「激しい隠喩」とし、魂の深い部分の暗い領域を理解するためには、明るい領域の論理では不足だと説明している。このような「平易な文体で高度な内容を取り扱い、現実世界から非現実の異界へとつなぎ目なく移動する」という作風は日本国内だけでなく海外にも「春樹チルドレン」と呼ばれる。

また、村上の作品は従来の日本文学と対比してしばしばアメリカ的・無国籍的と評され、その世界的普遍性が高く評価されている。「日本っぽくない」「どこにでもありそう」という、すなわち村上の作品を鑑賞するには日本文化・言葉の理解が必要ではないことである。これも村上ブームがアジア及び世界で起きてしまう一因だと思われる。 日语论文《海边的卡夫卡》和《世界尽头与冷酷仙境》看村上文学的魅力:http://www.lwfree.com/yixue/lunwen_44958.html

------分隔线----------------------------
推荐内容